超高齢化社会を迎えた我が国では歯科の分野でも高齢者の世代にスポットが当たっています。
歯科で扱う疾患の多くは、実は長い経過ののちに発症してくる慢性疾患です。
「鉄は熱いうちに打て」ではないですが、歯科を語るにはお子様世代からの予防が大切になります。
各世代の方に有益な情報をこのページで掲載していきます。
咀嚼は学習し、習得するものです。
哺乳は生理的反射運動ですが、咀嚼は本能ではありません。番町歯科クリニックではお子さまがしっかりと咀嚼できるように治療、指導、管理をしています。しっかりと噛むことでお口の周りの筋肉を鍛えることができ、将来の永久歯列の健全な育成につながります。日常の食事でしっかり噛むのはもちろんですが、咀嚼訓練用のガムを使ってトレーニングしているお子さまもいます。
 
お子さまの「おしゃぶり」は可愛いものですが、「おしゃぶり」は1歳ぐらいまで使うもの。「おしゃぶり」を長く続けると不正咬合の原因になることがあります。同じく“指しゃぶり”も3歳ころまでに止めさせないと不正咬合の原因になります。ちょっとした習慣が不正咬合の原因になります。
 
番町歯科クリニックではお子さまの健全な咬合育成を目指します。必要な時期に必要最小限の処置で、健全な乳歯列、永久歯列の完成、健全な下顎運動を導くことなどの咬合育成処置を実施しています。
 
カリエス(虫歯)予防として永久歯列完成期までフッ素歯面塗布による、乳歯、永久歯の歯質強化を図ります。幼児期から現在成人された多くの患者様のお口の状況から判断してフッ素の効用を実感します。さらにご家庭でフッ素入り歯磨剤の使用を推奨しています。フッ素を上手に利用してお子さまのカリエスフリーを実現しましょう。
矯正装置を使用せず、成長を利用して歯列の改善をした一症例
お子様の成長を利用して乳歯から永久歯へと咬合誘導した一症例です。

必要な時に最小限な処置で永久歯列へと誘導しました。
なおこの間には経過観察とともにフッ素塗布も実施しました。
このように症例によっては矯正装置を一切用いず、特別な費用もかからず予後良好でお子様、ご家族に喜んでいただけました。
(6歳3ヶ月)
小帯切除 (6歳4ヶ月)
(8歳11ヶ月)
番町歯科クリニックの特徴として、歯科診療において下顎運動を診るということがあります。そして治療終了後のメンテナンスを重視しています。メンテナンスではカリエス、歯周病のチェックはもちろんですが、かみ合わせのチェック管理もしています。
 
かみ合わせ管理は優秀な歯科衛生士の方でも出来ません。かみ合わせは自覚しませんが日々変化しています。このかみ合わせの管理が重要で、これが番町歯科クリニックのメンテナンスの特徴です。
 
現代は色やにおいに敏感な時代です。気になる口臭も定期的なプロフェッショナルケアで充分管理可能です。色についても同じです。メンテナンスで必要な時期にご希望あればホワイトニングや審美修復を提案させていただいています。
 
「歯を残す」ことは「8020」(80歳で20本残す)にもいえますが、患者さんも我々歯科医療従事者にも覚悟が必要です。介護の世界では、残った歯をケアすることが難しいのです。人工歯根インプラントのケアではなおさらです。大人、特に高齢者の方では機能する歯を治療して残し、義歯(入れ歯)使用では咀嚼できるよう仕上げ、残存歯、義歯(入れ歯)の清掃管理などが大変重要です。
番町歯科クリニックの考える審美歯科
番町歯科クリニックでは必要最小限の処置で、口腔機能を良くすることが、口元をはじめとする審美の面でも重要と考えます。決してただ歯を白くすることが審美歯科ではありません。
審美歯科の症例写真も順次アップしてまいりますのでご参考にして下さい
審美歯科症例
院長コメント
右上1、2番と左上1番をメタルボンドにて修復した症例です。
上下前歯部の咬合の改善治療をしたのち歯の形態付与をし、歯の色調も十分に周囲の歯と合わせて作製しました。修復物は審美的にも良好で自然な仕上がりになり、ご本人にも満足していただけました。
自費診療の審美修復後に特徴的なことは、自費診療で費用をかけた方の方が満足していただき、喜んでいただいていることです。保険診療においても手を抜くことなく、できるだけの対応はしておりますが保険の補綴物の素材の質感、快適性には限界のあることをご理解下さい。
番町歯科クリニックの考える予防歯科
予防歯科と言うとまず頭に浮かぶのは、カリエス予防であり歯周病予防と思います。これ等歯科の二大疾患の予防は実に重要です。
 
カリエス、歯周病予防は熟練してきますと患者さんご自身でもかなりの部分はカバー可能です。これにプロフェッショナルケアが加われば鬼に金棒です。ただしです。
 
かみ合わせに関しては患者さんご本人で、予防出来るものではありません。患者さんではどうにもならない部分です。かみ合わせのケアが実はカリエス、歯周病予防にも欠かせないものなのです。
 
番町歯科クリニックではお子様の咬合育成や、いろんな年代の方の咬合管理が重要と考えています。かみ合わせ(咬合)までを含めたプロフェッショナルな管理を行なうことが、番町歯科クリニックの考える予防歯科です。
妊娠中の歯科治療は少し制約もできますので、妊娠中に歯科治療を受けなくていいように妊娠していない時期に歯科疾患を完治しましょう。
 
歯周病は早産、低体重児や未熟児の出産の可能性が高くなるといわれていますので、胎児のためにも治療です。カリエスの原因になるミュータンス菌は生後暫くして母親からお子さまに感染するといわれています。妊娠中でもしっかりした口腔ケアが重要です。
【こどもの歯】
Q1 ここは子どもの歯の治療もしてもらえるのですか?
Q2 子供の歯並びがとても気になっています。早く診てもらった方がいいのでしょうか?
Q3 こどもの虫歯予防にフッ素を塗ってもらいたいのですが、そちらで塗ってもらえるのですか?
【妊婦の歯】
Q4 妊娠中です。歯が痛いのですが、歯科の治療を受けられますか?
【審美】
Q5 歯の色が黄色くて気になります。歯の色を白く、きれいにしたいです。どんな方法があるのですか?
Q6 ホワイトニングをしたいのですが、そちらでしてもらえるのですか?
Q7 審美歯科とよく聞きますが、どんなものなのですか?
【顎関節症】
Q8 あごがガクガクして、とても不安です。痛みもあるので治療を受けたいのですが、治療はできるのでしょうか?
Q9 大きく口を開けたり、あくびをしたりすると、あごがはずれるのではないかと思うことがあります。何が原因なのでしょうか。
【歯のかみ合わせ(噛み合わせ・咬み合わせ)、その他】
Q10 歯のかみ合わせはどうしたらよくなるのですか?歯磨きをしただけではよくならないのですか?
Q11 気のせいか前歯の間が開いてきて、歯も前に反ってきたように思います。このままにしておくしかないのでしょうか?
Q12 虫歯はないと思うのですが、歯がぐらぐらしてきました。 歯槽膿漏なのでしょうか?
Q13 歯茎が縮んだようになり、歯の根元の方まで見えてきました。加齢のせいなのでしょうか?
Q14 以前はきれいな歯並びだったのに、だんだんと歯ならびがガタガタしてきました。どうにかならないのでしょうか?
Q15 インプラントの方が入れ歯よりよくかめるのでしょうか? 

【こどもの歯】
Q ここは子どもの歯の治療もしてもらえるのですか?
A このご質問はよくされます。番町歯科クリニックは小児歯科の標榜もしておりますので、もちろんお子様の歯の治療もしております。番町歯科クリニックは高松市番町にありますので、落ち着いた街並みのイメージから大人の方の治療だけをしているのかと思われるのかもしれません。単なる子どもの虫歯の治療だけではなく、咬合の育成にも配慮した治療と指導にも力を入れています。お子様のご来院もお待ちしております。
Q 子供の歯並びがとても気になっています。早く診てもらった方がいいのでしょうか?
A お子様の年齢にも関係します。早期の乳歯列期に治療の必要なこともありますし、後続永久歯の萌出を待ってから治療を開始したほうがいいこともあります。まずは一度診させていただけたらと思います。咬合誘導をうまく実施すれば、大掛かりな歯列矯正をしなくて済むこともケースによってはあります。
Q こどもの虫歯予防にフッ素を塗ってもらいたいのですが、そちらで塗ってもらえるのですか?
A 番町歯科クリニックでは、お子様のフッ素塗布は番町歯科クリニックの患者さんで、ご希望の方には常時実施しています。歯の萌出後1年以内に実施すれば有効です。乳歯の萌出時期から永久歯列完成までの間実施します。一般的な方法でフッ素塗布を実施しています。年数回フッ素塗布することをお勧めします。

【妊婦の歯】
Q 妊娠中です。歯が痛いのですが、歯科の治療を受けられますか?
A 妊娠中の方の歯科治療ですが、妊娠中一番安定していると言われている妊娠4ヶ月より6ヶ月の間に実施するのが、一番安全です。ただ応急処置で痛みをとることは妊娠期間いずれの時期でも実施して、出産後あらためて歯科治療をすることをお勧めします。親知らず(第三大臼歯)の歯肉(歯茎)が1年に何回も腫れるときは、妊娠していない時期に抜歯することをお勧めします。

【審美】
Q 歯の色が黄色くて気になります。歯の色を白く、きれいにしたいです。どんな方法があるのですか?
A "芸能人は歯が命"というCMが以前ありましたが、白い歯というのはやはり芸能人だけの専売特許ではありません。ただ歯の色が黄色い場合、歯の表面のエナメル質の形成不全で象牙質の色がすかして見えていることもありますし、歯の表面のエナメル質が汚れていて黄色く見えていることもあります。エナメル質に問題のある場合、歯冠修復(ラミネートベニア法など)かホワイトニング(ブリーチング)という方法が一般的です。歯の表面のエナメル質が汚れている場合はPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トュース・クリーニング)が有効です。
Q ホワイトニングをしたいのですが、そちらでしてもらえるのですか?
A 番町歯科クリニックでは患者さんにホワイトニングキットを買っていただいて、ご自宅でご自身自ら実施していただくホームホワイトニングを推奨しています。自費診療になりますが、ご希望の方でホワイトニングが有効と診断させていただいた方には実施しています。
Q 審美歯科とよく聞きますが、どんなものなのですか?
A 一般的には審美歯科というと“歯並びをよくして歯を白くする”というイメージでしょうか。確かに一理ありますが、番町歯科クリニックでは下顎運動を診ることが歯科治療の目標との視点より審美を提案させていただいています。機能が良好になれば、審美的にも良好になり、この口腔機能が良好になって審美修復すれば経過良好になります。ホワイトニング(ブリーチング)や審美修復物による歯冠修復、歯列矯正なども審美歯科です。

【顎関節症】
Q あごがガクガクして、とても不安です。痛みもあるので治療を受けたいのですが、治療はできるのでしょうか?
A まずはどんな状態か診させて頂きます。診させていただいて診断させていただきます。症状が出現してからの時間経過にもよりますが、適切な診断と処置があれば、症状改善までに時間はかかりますが、確実に状態は良好になっていきます。
番町歯科クリニックに是非ご来院ください。
Q 大きく口を開けたり、あくびをしたりすると、あごがはずれるのではないかと思うことがあります。何が原因なのでしょうか。
A 顎の協調性に問題があるのでしょうか。いわゆる顎関節症のこともあります。生活習慣に問題があったり、かみ合わせに問題があったりします。番町歯科クリニックにご来院ください。

【歯のかみ合わせ(噛み合わせ・咬み合わせ)、その他】
Q 歯のかみ合わせはどうしたらよくなるのですか?歯磨きをしただけではよくならないのですか?
A 歯のかみ合わせは日々変化していきます。歯を磨いてもかみ合わせは当然ですがよくなりません。番町歯科クリニックでは顎の動きを診て、何が原因なのかをチェックしています。歯の当たり方に問題ありや、咬み癖や寝癖なども原因になることもあります。歯のかみあわせが気になると感じましたら、番町歯科クリニックにご来院ください。
Q 気のせいか前歯の間が開いてきて、歯も前に反ってきたように思います。このままにしておくしかないのでしょうか?
A これは中程度以上の歯周病の方に起こりやすい現象です。歯周病で咬合高径(顎の上下の高さ)が失われてきたとき、大臼歯部に欠損が起こったときに下顎の前歯が上顎の前歯を突き上げて上顎前歯がフレアーアウト(前歯が開きそして反る)してきます。このままにしていますと、上顎前歯が失われる可能性があります。放置せず歯周病の治療、かみ合わせの治療を併行して行なえば、良好な診療成績が得られます。番町歯科クリニックにご来院ください。
Q 虫歯はないと思うのですが、歯がぐらぐらしてきました。 歯槽膿漏なのでしょうか?
A 歯が動揺する原因の多くはいわゆる歯槽膿漏(重度歯周病)です。炎症と力のコントロールが重要です。一刻も早く番町歯科クリニックにお越しください。尚、歯周病以外でも歯の破折があれば、急激に歯がぐらぐらすることもあります。番町歯科クリニックにご来院ください。
Q 歯茎が縮んだようになり、歯の根元の方まで見えてきました。加齢のせいなのでしょうか?
A 加齢現象で確かに歯茎(歯肉)は徐々に退縮します。ただこの現象は緩やかです。歯の根元がかなり露出している場合、番町歯科クリニックでは歯の咬みあわせに問題がないか精査しています。歯ブラシ圧が強い場合も確かに歯茎の退縮は起こります。力がいづれにしても原因ですので、原因の除去が重要です。審美的に歯茎の退縮がひどい場合、歯茎の移植手術などが必要になる場合もあります。
Q 以前はきれいな歯並びだったのに、だんだんと歯ならびがガタガタしてきました。どうにかならないのでしょうか?
A 歯列というのは我々が感じないだけで、実は日々変化しています。永久歯列はやや力のベクトルが前方に偏っていますので、加齢とともに特に下顎の前歯に歪みが出現して、歯並びがややガタガタになってきます。親知らず(第三大臼歯)の萌出が原因になることもあります。明らかな原因のあるときはその原因の除去を行ないます。ガタガタした歯並びを治すには矯正処置が必要になるかも分かりません。
Q インプラントの方が入れ歯よりよくかめるのでしょうか? 
A インプラントは顎の骨にダイレクトに接合しますので、確かに咬み応えでは入れ歯(義歯)より咀嚼力はあります。ただ、インプラントには骨と歯の間にある歯根膜という組織がありません。このためほど程に咬むということがないため、インプラントの相手方の歯などにかなりの外力を加える可能性があります。インプラントが外傷性に働くこともあるのです。咬めることだけを考えればインプラントに軍配ですが、入れ歯(義歯)には生体にやさしいし、修理が効くというメリットもあります。それぞれのケースにより選んでいただければと思います。番町歯科クリニックでは「まずインプラントありき」のような診療の取り組みはしていません。
Bancho Dental Clinic(
〒760-0017
香川県高松市番町4丁目11番3号
TEL 087-861-0008
お知らせ 医院案内
診療案内 Generation
Q&A 歯科コラム
サロン ブログ
TOP お問合せ